女心の変化は見えないけれど、細胞の変化は見逃しません。

NICO-1.infoへようこそ

新しい共培養容器である「接続式細胞共培養容器NICO-1」に関するホームページへようこそ。

これまで、細胞間相互作用研究や非接触型の共培養研究では、上下で培養液を共有する細胞培養容器が用いられていました。商品名由来のトランスウエルタイプ、セルカルチャーインサートタイプ、共培養ディッシュあるいは共培養プレートという言い方をされている製品もあります。50年以上前に発明され、各社により製造販売されてきた製品で、多少の形態は異なってもいずれの製品も上下で培養液を共有する製品です。このタイプでは、両者(上下)の細胞を同時に観察できないというデメリットがありました。縦から横方向に変えるだけで、同時観察ができて、間に市販のフィルターを自由に選んで入れることができるようになったのです。そのため、細胞共培養容器として、各種バイオ・医学・理化学研究にNICO-1は最適です。

  • 細胞間相互作用研究に!(エクソソーム研究や免疫研究に)
  • いろいろな研究の共培養部分で活躍! 両方の細胞を同時に観察可能!
  • アイディア次第で、いろいろな活用方法があります。
  • 既にいろいろな大学の研究室・研究所・製薬企業様で使用されています。
  • 非接触型共培養研究で、両者を同時に観察した研究が少ないため、先駆者に!
  • フィルターは、自由に選択できるので、フィルターの研究にも使えます。
  • 共培養で両方の細胞の免疫染色が簡単にできます。

 

NICO-1インフォウエブ最初のページ2

これまでの培養容器と比較して、より簡単に別々の条件や別の細胞を用いて培養が可能です.それぞれ共培養する前に、単体で培養ができます。そのため、共培養するのに適した状態にしてから、細胞を剥がしたりすることなく共培養を開始することができます。これらにより、癌細胞と正常細胞,癌細胞と間質細胞との相互作用などが観察できます.

市販のフィルターを使用することができるため、フィルターの持つ機能を利用することも可能です.弊社より、細胞が通り抜けないサイズのフィルター(孔径0.6μm)も販売しています。製品1セットには、2個のウエルが共有できるようになったNICO-1(ニコイチ)が二つ入っています。そのため、二つの条件について同時観察可能です.底板は透明なので、顕微鏡観察が可能です.NICO-1本体は、標準価格で10セット入で58000円です。時期によりキャンペーン等も開催されていますので、弊社代理店宛に見積もりを依頼してください。

弊社で御用意したフィルターは、電子線で孔を作成しているため、孔と孔が混じらない正確な孔径を特徴とし、さらには、蛋白質等が比較的低吸着を特徴とする素材で作成している特殊な製法のトラックエッチドメンブレンです。サイズ的に細胞同士が混じらず、蛋白質やエクソソームなどの液性因子は通り抜けるフィルターです。フィルターの蛋白通過に関する情報については、フィルター情報を御参照ください。

NICO-1は、プレパラートサイズのため,既存の観察機器が使用可能です.各種の細胞間相互作用に関する実験研究 (例:アストロサイト、マクロファージ、血管内皮細胞や,iPS細胞の共培養,エクソソーム研究など)に最適です。また、NICO-1ホルダー96 (ICCP 96Well Size Adapter 型番2596-01)という名称の96Wellプレートサイズへのアダプタを用いれば、4セット・8条件を同時に観察することができます。そのため、プレート専用顕微鏡でも解析が可能です。

 

細胞同士のコミュニケーション研究・共培養はいかがですか?

最近の情報 (平成30年11月1日)

NICO-1を含めた共培養容器に関する総説論文が9月1日にPublishされましたBiol. Pharm. Bull. 41, 1311–1321 (2018))。また、NICO-1の性能的評価についてJSEV2018にてデータを発表しました。あと2つの学会で関連研究成果を発表します。

11月末に次年度発売予定の新製品をご紹介予定としています。日本分子生物学会において、弊社の代理店ブースに来年発売予定の新製品を初公開します。来年は、新製品ラッシュで、画期的な製品群です!

弊社NICO-1は、海外ではICCP(Interactive Co-Culture Plate)として発売しています。まずは、第一弾としてAdvantigenbioscience社(USA)から発売開始されています。今後、カナダ、EUやアジアでも発売予定です。EUでは、ドイツが一番最初で、ドイツで開催されるGSEV2018では、ICCPが展示販売される予定です。

富士フィルム和光純薬株式会社様から11月の分子生物学会展示にてご紹介いただける予定です。

NICO-1の性能について

発売前には、製品の基礎的なデータを取得しましたが、最近あらためて他社製品と比較した基礎的なデータもとりました。上下タイプの共培養プレートとの比較も行っていますが、NICO-1の方が共培養に向いているデータが出てきたので、なかなか満足しているところです。結論から先に言うと、2つの容器の溶液量が同じである方が共培養には向いています

上下タイプだと、その構造上の特性のために溶液量が大きく異なります。例えば、実際NICO-1とほぼ同量の培養ができる上下タイプのある製品は、インサートが0.5ml、下の容器が1.5mlが推奨です。NICO-1は、1.5-2.0ml程度で左右を同じ容量にできます。NICO-1だと、それぞれの細胞が分泌する蛋白やエクソソームの濃度が時間とともに両方のウエルで同じになろうとします。しかし、上下タイプのものは、濃度が同じになるように物質が移動しようとしますが、溶液量の違いの方が大きく影響して、48時間-72時間程度では結果的にそれぞれのウエルでの濃度が大きく異なるのです。48時間において、NICO-1の方が、トランスウエルタイプの培養容器より,移行したエクソソーム密度が2倍濃い結果でした。共培養の効果をみるために培養していますので、できるだけ共培養の効果が高い方が望まれます。実際に確認してみないと気が付かない点でした。

意外なポイントをもう一つ。実験してみて判明したことですが、上下タイプの場合、上側(セルカルチャーインサート側)に撒いた細胞がコンフルエントになった場合は、上下での培養液の共有割合(物質の交換)は低下します。考えれば当たり前なのですが、孔の空いているフィルターに細胞様が鎮座ましています。当然孔を塞ぐように、、、、。つまり、時間が経って細胞数が増えると、今度はその細胞がフィルターを塞ぐようになってきます。当然フィルターを介した液性因子の移動が減少すると考えられます。これらのことが、今回の結果につながったと考えています。

つまり、上下タイプのものは、底面の素材が異なる、同時に見られない、液性因子の移行量が横型に比べて少ないという3つの大きなデメリットがあることがわかりました。反対に、NICO-1は、共培養への移行を簡単に調節できることもメリットです。結合した状態でも、400μlの培養液量では、単体培養状態です。それより培養液を増やせば、簡単に共培養状態に移行できるため、細胞のコンディションを見ながら調整が可能です。

エクソソーム通過に関して、NICO-1がフィルターの性能を発揮できるという実験結果も得られました。エクソソームが通るサイズのフィルターは、エクソソームを十分通過させ、エクソソームが通らないサイズのフィルターでは、エクソソームが通過しないという結果でした。NICO-1一つで、エクソソームの影響の有無を確認できます。これらの結果についてJSEV2018(学会)で発表を行いました。11月末の日本分子生物学会でも発表を行う予定です。今後、エクソソームを通過させないサイズのフィルターも発売予定です。

現在、単なる共培養容器から、「共培養システムへの進化」のため、製品開発も進めています。

NICO-1用円形ガラスカバーについて

平成30年度の第1弾として、8月1日からNICO-1用の円形硝子カバーを弊社から発売します。今までもリクエストがあった時には、市販品をご紹介していました。どうやらその市販品がカタログから無くなっているようで、問い合わせが弊社に来るようになったので、弊社からNICO-1の免疫染色の際に使う円形硝子カバーを提供させていただくことにした次第です。上下タイプのトランスウエルタイプやセルカルチャーインサートでは、両方を見られないのと、両方を免疫染色することができません。NICO-1は、免疫染色が可能ですので、免疫染色を伴う共培養であれば、NICO-1 しかできません!(言いすぎかも)。

型番2527-01 標準価格6000円 数量・期間限定の試験販売です。ご要望が多くなければ、限定数量のみの販売です。代理店様に型番を指定して見積もりいただくか、弊社フォームよりご依頼ください。

滅菌フィルターについて

滅菌フィルターのご要望があり、ガンマ線滅菌を行い、電子顕微鏡で評価を行いました。特に問題ないことがはっきりしましたので、9月1日から滅菌フィルターとして発売予定です。50枚入のセットです。従来の製品は在庫がなくなり次第終了予定です。

今後は、フィルターの種類を増やすことを予定しています。現在0.6μmの孔径のものを発売しています。こちらは、細胞は通らずに、蛋白やエクソソームは素通りといった感じで通ります。第2弾としては、0.03μmのフィルターです。エクソソームは通過せず、蛋白は通過してほしいと思いましたが、意外に通り抜けるはずのサイズの蛋白も通過しません。培養液中の蛋白は、修飾も加わっているので、サイズ的にかなりのものが通過しないようです。一方、グルコースや乳酸などの低分子は素通りです。ということは、0.03μmと0.6μmのフィルターの違いによる実験比較でいろいろできそうです。

 

株式会社ギンレイラボ

 

お知らせ

論文情報

NICO-1を含めた共培養容器に関する総説論文が9月1日にPublishされました(Biol. Pharm. Bull. 41, 1311–1321 (2018))  共培養容器ととエクソソームに関する総説論文です。 & …

JSEV2018にてデータを発表しました。

NICO-1の共培養効果に関するデータをJSEV2018(広島)にて発表しました。 発表したデータは、今後論文投稿に向けて作業を行っていきます。

キャンペーン情報

NICO-1代理店のエア・ブラウン株式会社にて、2018年8月6日(月)~9月26日(金)までキャンペーンを開催されています。 この機会を是非ご利用ください。

NICO-1用カバーガラスを8月1日から販売開始します。

カバーガラスを8月1日から販売開始します。      

NICO-1製品の見積もり依頼フォームを作成しました。

NICO-1及び関連製品ですが、全国の代理店で見積もり依頼及びご注文が可能です。NICO-1.infoにも見積もり依頼のフォームを作成しました。必要事項をご記入いただければ、ご依頼の代理店様を通じて見積書をお届けさせてい …

NICO-1日誌

ロボット with NICO-1

あるrobot with NICO-1がBioJapan2018にて展示されました。多くの中年男性からの引き合いをいただいたそうです。これを受けて、新製品発表の際には、連結ロボットwith NICO-Cを発表できればと思 …

論文公開後、most viewed articles 第3位に

9月1日にNICO-1を含んだ共培養容器の総説がPublishされましたが、9月の1ヶ月間で、学術誌(Biological and Pharmaceutical Bulletin)の中で読まれた論文として3位になりました …

オーストラリアからのリクエスト

NICO-1ですが、現在、海外向けにICCPとして発売しています。といっても、現地の代理店が発売準備を行っていたり、国内代理店と海外代理店との間での手続き中であったりします。もう少しで海外のユーザー様に商品として届く予定 …

平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金」

現在NICO-1を単なる共培養プレートから「共培養システム」へ進化させるために、関連製品の開発を進めています。そのために、ものづくりの補助金申請をしていましたが、平成29年度補正「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援 …

キャッチコピー一部入れ替えしました。

キャッチコピー 「魅力がありすぎて、伝えきれません。知名度だけが負けてます。」から「55年ぶりの新人。フィルター分離型共培養容器」に変更しました。定期入れ替えの一貫です。 ↑新しいキャッチコピー ↓これまでのキャッチコピ …

Translation

年別アーカイブ

PAGETOP
Copyright © Ginreilab Inc. All Rights Reserved.
Powered by Ginreilab, Inc.